忌避剤を撒いておく

man

イタチによって被害を負っているという場合は、早めに対策を立てておくことが必要になります。なお、最初は捕獲をして逃がすということが必要になるので、自分でゲージを置いたり、専門の業者に依頼をしたりして行なっておくと良いでしょう。しかし、舞い戻ってくるイタチもいるので、このような事態を踏まえて対策を考えることが必要になります。方法としては忌避剤を撒いておくという方法があります。イタチの嫌いな臭いを発するので、近づくことがなくなります。捕獲には多くの時間や手間が掛かってしまうので、このような負担が大きくならないように対策プランを立てるという場合は、その点について相談をしておいた方が良いといえます。そのことによって問題をスムーズに解決していくことができるでしょう。

専門の業者によってイタチを捕獲してもらうことが可能なので、このようなサービスを利用することによってイタチによる被害を解消することができます。また、鳥獣保護法によって捕獲をしたら、殺処分をするということは禁じられています。そのため、どうしても近づいて来ないための対策が欠かせなくなってくるのです。ネットでは業者ごとに評判が紹介されているので、参考にしておくことでしっかりとした対策を進められる所を見つけられるようになります。また、再度住み着かれた場合に備えて保証付きプランを組んでおくことで、再び依頼をする際に掛かる費用を抑えていくことができます。業者によって提供されているプランは異なっているので、候補を複数出して、比較を進めておいた方が良いでしょう。